2010年05月25日

香港旅行 その7

一日目の夜は、JUMBOレストランに行きました。水上にあるレストランと言う事で、観光客の間では有名です。
HK67.JPG
団体旅行などでは必ずといっていいほど、夕飯はこちらのレストランでの食事が入っていますよね。夜景を見ながらというところがポイントなのだと思います。私たちは、観光案内所で予約だけを入れてもらい、ホテルからタクシーで行きました。
HK65.JPG
こちらが渡り舟の乗り場。ここまでタクシーでつけてくれます。そして、ここから船に乗って水上にあるレストランまで向かいます。渡りの船はお客さんが乗ったら、すぐに出発です。
HK66.JPG
船着場を反対側から見たところです。
HK68.JPG
レストランは4階建てになっていて、2階が貴賓室、3階が一般、4階がバーになっていました。階段の踊り場にも色々飾り物があって、楽しませてくれます。
HK69.JPG
こちらの絵も、別の階の踊り場にありました。
HK72.JPG
二人だけだったので、二人用のコースを頼みました。こちらは、ノン・アルコールのカクテルです。
HK70.JPG
一番最初に出てきたのは、きゅうりのお漬物でしたが、カメラのバッテリーが切れてしまい、旦那のカメラで写真を撮りました。そうしたらボケてしまってなんだか分からない写真だったので、2つ目に出てきた、スープから。こちらはおなじみの卵とじスープ。
HK71.JPG
本当は北京ダックが食べたかったのですが、北京ダックは注文するとすごい量になってしまい、食べれなくなってしまうので、今回はあきらめ、コースについてきたものをいただきました。
HK73.JPG
こちらはホタテとセロリの炒め物。塩と中華スープだけでいためたものでしたが美味しかったです。セロリが苦手な私も食べれました。このほかに、ゆで海老とチャーハンが出てきましたが、いずれもピンボケしてしまいました。。。
HK74.JPG
最後に出てきたのは、やはりマンゴープリン。こちらのマンゴープリンも美味しかったです。コースだけあって、いろいろなものが食せたので中華料理を満喫できました。お値段はちょっとわすれてしまいましたが、そんなに高くなかったと記憶しています。

旦那の友人の香港人の話では、夕食よりも昼間の飲茶の方がお薦めということです。確かに、雰囲気と夜景はいいですが、食事はさほど飛びぬけて美味しい!と言う感じではないので、地元の人がお薦めする飲茶に次回訪れたときには行ってみたいと思います。
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
posted by alkira at 18:36| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

香港旅行 その6

カオルーン島の方にも行ってみました。カオルーンには電車で行きました。
HK51.JPG
香港駅はこんな感じでした。ちょっと、東京の地下鉄駅の雰囲気です。
HK52.JPG
こちらは券売機。路線がパネルになっていて、目的地の駅を押します。余談ですが、しばらく帰らないうちに日本の券売機の様子が変わっていて、ちょっと切符を買うのに苦労しました。。。今回は特に、JRから私鉄への連絡切符の買い方に戸惑いました。香港の券売機はシンプルだなぁと思いました。
HK61.JPG
こちらが電車の中。車両と車両の間にドアが無いので、前の方まで、(そして後ろの方まで)まっすぐに見えます。利用する人が多いからか、どちらかというと、座るスペースよりも立つスペースの方が多くとられているように感じました。車内放送は、英語、広東語、そして北京語の3種類流れます。
HK57.JPG
消防車が展示されていました。多分、昔に使っていた消防車かなと思います。日本と同じで、はしご車です。
HK50.JPG
こちらは、とあるビルの中。ジャッキー・チェンの映画の中だけかと思いきや、現在でも竹の足場は香港で見られます。頑丈で、組み立てやすく、また取り外しやすいと言う事で使われているそうです。
HK53.JPG
かわいげな着物を着たお人形さんが、ビル入り口でお出迎えしていました。
HK56.JPG
このビルのベンチは、こんなかわいらしいクラフトで作られていました。
HK54.JPG
沢山歩き回り疲れてしまったので、喫茶店でお茶をしました。オーストラリアには、いわゆる喫茶店、というものを見つけるのが難しいです。多分、カフェが喫茶店に当たるのだと思いますが、カフェと喫茶店は若干違う気がします。喫茶店は、コーヒー類、ケーキ類のほかにも、小腹が空いた時に、ピラフとかサンドウィッチとかパスタとか食べれるイメージ。カフェはコーヒーと、それと一緒に食べるクッキー、ケーキが置いてあるだけ、、、と言う感じです。

ここは、名前を忘れてしまったのですが、日本の方が経営している喫茶店だったような気がします。素敵なコーヒーカップのセットが沢山飾ってありました。
HK55.JPG
日本で食べてくるのを忘れてしまったモンブランをここで注文してみました。日本で食べるケーキと変わらず美味しかったです。
HK58.JPG
夜になると街にネオンがともるので、にぎやかな感じになってきます。
HK60.JPG
さすが香港。看板がとっても派手で、大きかったです。
HK59.JPG
こちらは女人街。いわゆるマーケットです。ガイドに書いてあったように、確かに女性物が多いマーケットでした。


 
posted by alkira at 18:29| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

香港旅行 その5

ここは、タイムズ・スクエアーの中です。
HK41.JPG
1階から、ず〜っと10階位まで吹き抜けになっていて、各階にショップが入っていてショッピングモールのような感じになっています。香港はどこにいっても、買い物をするところが沢山あるのですが、ここもその一つかなと思います。非常に長ーいエスカレーターもあり、下を見ると、ちょっと、怖い感じもしました。
HK40.JPG
前回のブログに書いた、燕の巣入りマンゴープリンは買ってきた後、タイムズ・スクエアーの休憩所で食べました。ビルとビルの間からみた景色です。香港は、どこに行ってもこんな感じの景色でした。さすがビルに囲まれた都市。

オーストラリアでは中々見かけない光景、でも、香港では見かけるもの。。。それが日本の物が多いと言う事です。地理的に近いからか、香港では化粧品を初め、ユニクロもそうですが、レストランまで沢山の日系企業と日本の物で溢れていました。日本人には、香港は住みやすい都市ではないかなぁと思いました。
HK42.JPG
タイムズスクエアーの一回にドド〜ンとあったのが、資生堂。多分、新作商品のプロモーションでど真ん中の位置を占めていたのではないかなぁと思いますが、アジア人には大人気です。資生堂。

オーストラリアにも資生堂がありますが、アジア人が多く住むシドニーではアジア人用のファンデーションの色が売っています。お値段は少々高めですが、アジア人色があるというところは大きなポイントです。ちなみに、ファンデーションのケースも、日本で使っているケースをそのまま使えるので、詰め替えファンデーションだけ買えるというところも資生堂のいいところです。

HK47.JPG
大戸屋もありました。日本で働いていたときに、ランチでたまに行っていた大戸屋。懐かしいなと思いました。
HK45.JPG
さて、こちらは人が沢山いたところ、、、なのですが、これがびっくりする光景でした。
HK46.JPG
橋の上に、人・人・人・・・・それも若い女性ばかり、橋の上から、公園から。。。。足の踏み場が無いとは、この事を言うのか!と思うくらい人がいて、橋の上で敷物引いてお弁当を持って楽しくピクニック中です。中には、聖書を読んでいるグループ、コラーンを読んでいるグループとにかく何か催し物をしているのでは?という状態でした。

後から職場の香港人の方に聞いたら、この女性達はインドネシアやタイ、フィリピンからの出稼ぎに来ている家政婦さんだそうです。彼女達は、香港で2-5年くらい家政婦として働いて母国に戻るそうですが、母国に戻ったときには家が買えるくらいの資産になるそうです。

家政婦といっても通いの家政婦ではなく、住み込みの家政婦だそうで、週末は家政婦として勤めている家の主人達がお休みで家にいるため、昼間は家にいてはいけないそうで、昼間の間はどこにも行くところが無いので、こうやって橋の上で皆で集まっているという事です。

必ず外に出て行かなければいけないというのは、かわいそうな気もしますが、これはこれで彼女達もおしゃべりに華を咲かせていて楽しんでいるようでした。ちなみに、電気屋さんのテレビの大スクリーンの前はすごい人だかりで、通り抜けるのも一苦労でした。

HK43.JPG
今回の旅行では、ストリートフードも沢山食べてみたかったので、早速この叔母ちゃんからも甘栗を買って食べてみました。

HK44.JPG
日本で売っている天津甘栗とはちょっと違って、普通の焼き栗のような感じでした。あまり甘みもありませんでした。日本の天津甘栗は、つめで真ん中に傷をつければ、結構簡単に皮がむけるのですが、香港の焼き栗は堅くて、皮を剥くのに歯を使わなくては駄目でした。中はホクホクで、自然の甘みで美味しかったです。所々こげているのが難でした。ちょっと、こげているところは堅くてニガクなってしまっていたので残念でした。でも、やっぱりホクホクの栗は美味しいので、お薦めです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
posted by alkira at 20:56| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

香港旅行 その4

トラムでとりあえず中心地辺りまで来てから、色々な所を歩いて周りました。

こんな乾物屋が沢山並んでいて、シドニー国際空港の税関をちょっと思い出しました。
HK31.JPG

HK30.JPG

オーストラリアは色々な物の持ち込みにうるさい国で、食べ物の持ち込みも制限されています。ですから、沢山食べ物を持ち込む中国人が乗る飛行機が到着すると、間違いなく税関は混雑し、必ずと言って良いほどスーツケースを開けさせられてしまいます。(多分、西欧人には、アジア人は、中国人も日本人も同じに見えるのでしょう。)

そこで中国の人たちが広げるのは、乾物品。。。多分、こういうショップで購入してきたものだと思います。

昼ごはんは、香港の人たちで賑わっていた大衆食堂に入ってみました。
HK32.JPG

もちろん、英語表記のメニューなどありませんでした。とりあえず、知っている漢字であったワンタンを頼んでみました。
HK34.JPG

こちらは旦那が頼んだ牛肉がたっぷりのっかった麺です。やっぱり、ラーメンと言った方がいいのでしょうか。ソバでもないし。。。。うどんでもないし、麺はラーメンの麺でしたから・・・・
HK33.JPG

そして揚げパン。砂糖も何も付いていないので味はプレーン(?!)でしたが、美味しかったです。周りの人たちもこれを、皆、注文していました。とりあえず、揚げパン、と言う感じなのでしょうか。3点注文して、確かHK$70 (約850円)位でした。

香港に来たら、食べたいと思っていたデザート。中華といえば、やっぱりマンゴープリン。。。と言うことで、マンゴープリンの売っているお店を探してみました。
HK35.JPG
その名も、燕の家。ここで売っているデザートは、どうやらツバメの巣が入っているようです。
HK36.JPG
多分、このお店は、燕の巣を使った健康食品を売っているお店だと思うのですが、店先には、ジュースから、牛乳プリン、そしてお目当てのマンゴープリンももちろんありました。そこで、早速、購入してみました。
HK37.JPG
マンゴーがたっぷり入っていて、燕の巣入りシロップが付いてきます。燕の巣は、少し白みがかっていますが透明で細長い感じのものでした。多分、それそのものには味はないのではないかなぁと思います。マンゴーの甘みだけで、プリンそのものにはあまり甘みを感じません。なのでシロップをかけて食べると、丁度良い感じの甘みになり、美味しかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
posted by alkira at 18:26| シドニー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

香港旅行 その3

夜に香港に到着したので、その日はすぐに就寝し、翌日から、狭い香港の街を歩き周りました。

香港と言えば、トラム。

ホテルからトラム乗り場までは徒歩3分。なので、まずはトラムに乗って香港島の中心街の方へ向かいました。トラムには、HK$2.00 (約25円)で乗れました。

ただ、おつりはでませんから、トラムに乗るときにはコインが必要です。旦那の香港人の友人によれば、トラムは低所得者層のための乗り物だそうで、通常はミニバスというものに乗る人が多いと言う事でした。

私は、バスよりも、電車よりも、タクシーよりもトラムが便利だと思いました。ひっきりなしに来るので待ち時間は少ないし、安いし、自分がどこにいるのかも確認しやすいし・・・・・何より言葉の壁のせいでだまされたとか、ぼったくられたと言う風に感じる事も無いので安心でした。
HK20.JPG

あいにく、その日から香港滞在中の4日間は寒さに見舞われ、日本では雪が降ったほどでした。香港も相当寒かったです。狭い町並みに高い高層ビルがひっきりなしに建っています。

HK21.JPG
ビルの窓ガラスも派手です。お金の集まる所という感じですね。
HK23.JPG
でも、古ぼけたビルも存在するのが香港です。

HK24.JPG
海の辺りは霧と低い雲であいにくの天気でした。摩天楼の上の方が見えないビルも沢山ありました。
HK25.JPG
表の通りは沢山の人通りがあるのに、路地裏では人をあまり見かけることがありませんでした。通り抜けしてはいけない雰囲気がたっぷりです。
HK26.JPG
香港ではこれがとっても印象的でした。無理やり望遠にして撮ったのでぼけていますが、これでもか!と言うくらいクーラーの装置が外につけられています。香港はやはり夏は暑いのでクーラーは必要不可欠だと思うのですが、これは安全面で問題はないのかなぁと、フと思ってしまいました。
posted by alkira at 09:51| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

香港旅行 その2

今回は、4日間こちらのホテルに滞在しました。

ホテル・ジェン


HK11.JPG

とにかく今回は、どこに滞在するかかなり迷いました。

香港島かカオルーン島かでまず迷い、同僚の香港人に尋ね、香港島の方が(香港の中では)人が少ないし、ショッピングも香港島のほうが良いし、何かと便利だし・・・・と色々アドバイスをされ、まずは、香港島にホテルを予約する事にしました。

海を挟んでいない分、香港島の方が若干値段が高いようで、中々予算に合ったところで、かつ日本人の私でも宿泊できるようなバジェットホテルが見つかりませんでしたが、最後の最後でここにしました。

うちの旦那を含め、どちらかと言うと西欧人はバジェット型のホテルに泊まる傾向があると思うのですが、そんな西欧人のニーズも、清潔さを追い求める日本人のニーズも、どちらにも当てはまったホテルだと思います。

ロビーは現代風な感じです。

こちらに宿泊する事があれば、、、フロントの方は、英語は使えますが日本語は駄目だと思います。
英語も、ちょっと怪しい感じなのと、香港人特有の適当さがあるので、100%の答えを期待するとがっくりするので、知っていればラッキーぐらいの気持ちで聞くといいかもしれません。

HK12.JPG
こちらが客室階の廊下。さすが、香港です。幅はかなり狭かったですが、綺麗に掃除はしてありました。

HK14.JPG

部屋に中側からドアの方を見るとこんな感じです。クローゼットもしっかり付いていて、長期滞在にも対応していました。
HK18.JPG

こちらがベットの方。ベットも、枕も清潔で寝心地も良かったです。奥は窓に沿ってソファーがありました。

夜だったのでカーテンが閉まっていますが、開けると街が見えます。ただ、反対側のビルは多分アパートで、夜だと中が丸見えなので、カーテンは夜は閉めていた方がいいかと思います。

HK17.JPG

こちらは洗面所。思っていたよりもかなり上手くスペースが作られていて、広く感じました。大人が二人並んで歯磨きしても大丈夫なスペースです。
HK16.JPG

そして、バスタブも付いていました。調べた限り、多くのバジェット型ホテルはシャワーのみでバスタブが付いているところが無かったので、これはかなりのプラスポイントでした。ちなみに、シャワーの水圧も何の問題も無くジャバジャバでました。
HK15.JPG

そしてアメニティー。結構重要かなと思います。私は歯ブラシを持ってくるのを忘れてしまって、空港で実は購入しました。しかし、歯ブラシも付いていて、とても良心的だと思いました。

オーストラリアでは、まず、歯ブラシの付いているホテルは無いです。アジア万歳。

HK13.JPG

コーヒー、紅茶のセットですが、カップに蓋が付いているところが中国系らしいなと感じました。紅茶ではないグリーンティなどもありました。

気になっていたスペースも十分。そして、部屋も清潔。毎日掃除をしてくれるサービスも満点。アメニティーもしっかりそろっていて、インターネットまで無料で使えるホテルで、とっても満足でした。

場所は中心地から少し離れていますが、トラムも通り一本向こう側に通っているし、コンビニもホテルから1分の距離にあるし、レストランも近くに充実していて、これで4日間で2人で28000円でしたから、全然文句ありませんでした。

また次も泊まってもいいなと思います。
posted by alkira at 18:32| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

香港旅行 その1

かなりあいてしまったブログですが、忘れないうちに旅行の記録を書いておこうと思います。

今回は、たっぷり一週間、香港−マカオ−中国・珠海(ジュウハイ)周ってきました。

HK1.JPG

まずは香港から・・・

HK2.JPG


2月半ばから日本へ2週間帰国。その後、1週間香港に立ち寄ってきました。

キャセイパシフィック航空利用で、追加料金なしで(入国税以外)ストップオーバーをシドニーへの帰りの途中にかけて旅行してきました。

この写真は、シドニーから香港経由、成田行きの便に乗り換えの際に撮ったもの。
この日、JALは株式市場から姿を消しました。さようならJAL。ごめんね、一度も国際便を利用した事が無くて・・・

HK3.JPG

こちらはキャセイパシフィックでの機内食、その1。
旦那はチキンをいただきました。

HK4.JPG
こちらが私が選んだ、魚の機内食。味は、カンタス航空、マレーシア航空に比べたら格段上。。。
シンガポール航空と比べると、同じか若干劣る位でした。
ちなみに、今まで一番機内食が美味しかったと記憶に残っているのが、韓国のアシアナ航空です。

HK6.JPG

夜の便に乗ったので、香港着は夜の11時過ぎ。電車でホテルまで行くと言い張る旦那でしたが、日本からの重い荷物を持って歩く気は、全く無い私。タクシーだと高くつくだろうと言う事で、リムジンを利用する事に決定しました。
HK5.JPG

何件もリムジン会社があって、デスクに行って、まず自分達の泊まるホテルにリムジンのバスが行くかを聞きます。バスが行かないと言う事あれば、次へのカウンターへ。行くと言う事であれば、値段を聞きます。
ぼったくりのリムジン会社もあるので、何件か聞いて周るといいと思います。

私たちは3件くらい聞いて周りました。一件目のリムジン会社があまりにも高い値段を言ってきたため、旦那がやっぱり電車にするとダダをこねましたが、2件目、3件目のリムジン会社の値段が電車賃と同じくらいだったので、そこに決定しました。

HK7.JPG
別になんていうことはありません。ただの飲料水です・・・が値段がシドニーの半分以下。驚きです。

日本だとこの大きさのボトルで150円から空港だと200円くらいでしょうか。香港は日本より若干安めです。
ちなみに、シドニーだとAU$4ですから300円以上です。

アジア万歳!

HK8.JPG
こちらが乗って行ったリムジン。小型バス? 

HK9.JPG

そして中はこんな感じ。一席ずつの幅が広く、リクライニングもかなりあり、飛行機を降りた後でゆっくり休む事ができるような仕組みになっていました。香港中心地まで1時間はあるので、とってもゆったりできました。
HK10.JPG
高速はこんな感じで、街の中心部に行くと突然夜中なのに渋滞に。。。。やっぱり、タクシーに乗らなくて良かったと思いました。

乗り心地満点のリムジンで、快適にホテルまで到着できました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

旅行・観光ガイド たびすまいる
にほんブログ村
旅行専門
たびすまブログランキング
タグ:香港 アジア JAL
posted by alkira at 19:00| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

暑い夏に飲んでいる炭酸水

この夏の暑い時期、甘ったるいジュースも飲みたくないし、ダイエット中でソフトドリンクも飲みたくない。そこで、食事の時間に現れるのがこちらのイタリア産、炭酸水−サンペレグリノ。

●毎日、おトク値●サンペレグリノ 天然炭酸水 ペットボトル[スピード配達対象] 500mLX24本入★... ちなみに、この値段で日本では買えるとはびっくり。かなりお得です。
イタリアンレストランでも、Soda Waterといえば、このサンペレグリノが出てきます。
味も、(水なのでなんとも表現できないのですが)、少し甘みのある炭酸水に、炭酸水独特の少し塩味がするようなしないような感じです。
私はこの炭酸水、かなり美味しいと思います。
もちろん、炭酸水と言えば、Perrier

●毎日、おトク値● ペリエ ナチュラル[スピード配達対象] 750mLX12本入★税込3150円以上で送料... が有名だと思うのですが、ペリエの方が若干お値段も高め。(それにしても日本ではペリエがこんなにお安く手に入るとはビックリです)。
なので、ペリエはお客さんが来たりする時に用意します。

どちらも似たような味ですが、ペリエの方が少し水の甘みも強く(塩味も強く)、舌に残るので美味しいと感じるかもしれません。(やっぱり少し高めなだけある?)

それにしても本格的に夏になってきて、暑いです。

posted by alkira at 05:49| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

旅の最後の日

旅行の最後の日は、朝少しゆっくり起きて、エアーズロック空港に向けて車を向かわせました。
実は、行きの飛行機に、もう少しで搭乗できなくなるというハプニングがあったので、今回は時間に余裕を持って出発しました。

途中の道では、Mt. Connerを眺める事ができました。次に来るときには、Mt. Connerにも寄って見たいです。
mc1.jpg
飛行場に行く前に、もう一度最後のエアーズロックとカタ・ジュタをみて、飛行場に向かいました。その時に見つけたオオトカゲの足跡。尻尾の跡までクッキリです。旦那はゴアナではないかと言っていました。確かに、オーストラリア→オオトカゲ=ゴアナというのが一般的でしょうね。。。
mc2.jpg
空港からも、エアーズロックが見えます。そして、反対側には、カタ・ジュタも見えます。
mc3.jpg

mc4.jpg

飛行機に乗っても、普通は雲か海しか見えないのであまり窓から写真を撮るという事が無いのですが、今回は、沢山写真を窓から撮りました。エアーズロックまで(から)の飛行機では、絶対に窓側の席を取ること、お薦めです☆
mc5.jpg
遠くの方にうっすら白く見えるのは、塩です。
mc7.jpg
こちらが、朝に展望台に立ち寄ってみた、Mt. Connerです。Mt. Connerは遠くから見るとエアーズロックに似ているので、間違える人が多いそうです。私も間違えました☆
mc8.jpg

きのこ?どくろ?上から見た感じはこんな感じです。山頂が平らになっているようです。
mc9.jpg
空から見ると、大きな山も小さく見えます。
mc10.jpg

ちょっと宇宙から撮っているみたいな感じじゃないですか?
大地のキャンバスに沢山の絵が描かれていて、自然の雄大さを感じます。沢山引かれたラインは、まるで、大地に血管が通っていてみたいに見え、地球は生きているんだなぁと思いました。

砂漠の地帯を過ぎて街があるところまで飛行機が来ると、雲が出始め何も見えなくなりました。そして、次に見えた景色と言うのがシドニーでした。
mc11.jpg

その日はあいにくにも雨。ハーバーブリッジも霧に包まれハッキリとは見えませんでした。

初めてのエアーズロックでしたが、見るとこ満載、ハイキングもたっぷり、充実した日を過ごす事ができ有意義な休みとなりました。是非、オーストラリアに来る予定の方、すでに住んでいらっしゃる方、エアーズロックは絶対に予定に組み込んで行ってください☆

☆おまけ☆
mc12.jpg
オーストラリアの飛行機と言えば、カンタスですが、カンタスの飛行機には一機ずつオーストラリアの町の名前が付いています。この飛行機は、ワーホリの方たちの間で人気のバイロンベイの名前が付いていました☆


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
posted by alkira at 00:00| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

キングス・キャニオン

次の日は、ウルル・カタジュタ国立公園を離れて、キングス・キャニオン国立公園に行きました。

エアーズロックから車で3時間ほどです。

途中、こんな方に会いました。
kc19.JPG

このらくだ、野生のらくだです。オーストラリアの砂漠地帯には、野生のらくだが沢山生息しているそうです。

朝早く出発したのですが、キングス・キャニオンに到着したのがお昼でした。昼食をとってから、いったんホテルに入り、日差しの暑い時間を避ける為に少し休憩をしました。ホテルは、キングス・キャニオンリゾートに宿を取りました。ジャグジーも付いていてとっても良かったです。夕方、4時くらいから(といっても、まだまだ日は高いのですが)ハイキングに出かけました。
kc1.JPG

キングス・キャニオンウォークはキングス・キャニオンの峰を歩くコース。クリークウォークは、小川に沿って、下を歩くコースです。

掲示板を良く見ると、こんな注意書きが日本語で!
kc2.JPG

もちろん、その日の気温は「ハイリスクゾーン」でした。キングス・キャニオンウォークは上のの峰を歩くので日差しが強く、高い木も無い為、陰ができません。そんな所を夕方とはいえ、気温35度の中、3時間も歩くのは危険です。また、人もあまりいないので、万が一何かあった場合、助けを呼ぶこともできません。

そういうわけで、私たちは注意にしたがって、キングス・キャニオンウォークをあきらめ、クリークウォークを1時間してきました。
kc3.JPG
こんな感じの、まさに、小川があったであろうなぁと言うところの脇を歩いていきます。このコースは舗装されていました。ですから、お子さんが一緒でも大丈夫なコースです。終着点には、池がありました。そこにちょっとした展望台があって、景色を楽しむ事ができます。
kc4.JPG
ここが終着点。キングスキャニオンウォークはここから見える岩の上の峰を歩くコースです。

さて、一時間のウォーキングが終わってから、今度は別のゴージウォークコースに行きました。ここも往復1時間半くらいのコースです。
kc6.JPG
こんな感じの渓谷の間を歩いていきます。
kc7.JPG
途中、牧場の跡もありました。
kc14.JPG
昔はここで、家畜を飼っていたようです。ここは、渓谷の間だからか、木が良く育っていました。
kc13.JPG
ハイキングコースは歩きやすく、お子さんが一緒でも歩けるとおもいます。特に舗装はされていませんが、平らなところが多かったです。
kc11.JPG
これ、ススキのように見えますが、実は違います。先端にとげのような実がなっていて、これが肌に触れるととても痛いです。
kc15.JPG

kc12.JPG
何の実だか分かりませんが、沢山黄色い実が落ちていました。多分、食べれないと思いますが。。。
kc9.JPG
中はこんな感じです。鳥はこういう実を食べるのでしょうか???
kc5.JPG

終着点近く。太陽が渓谷に隠れてくれていたので、比較的涼しかったです。
kc10.JPG

ここが終着点。ここにも池がありました。沢山の鳥達がどこからやってきたのか、この場所でくつろいでいました。やはり、野生の動物はどこに水があるのかよく知っているようです。

帰り道で、こんな足跡を見つけました。
kc8.JPG
トカゲの足跡です。

kc20.JPG
その日の夜は、月が綺麗にくっきりと見えました☆

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング

 
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
posted by alkira at 00:00| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。